思わず足の疼痛が増してきたような思いがしました

健康のためにあるくのを慣習としていました。元々子供のところからあるくのが好きでするどく歩いていたのですが、30代になったてからは健康のために意識して以前より年中あるくようにしました。そうして日々最少2時間は駆け抜け続けました。

他の人に「日々2暇歩いている」というと「もの凄くねー」と言って驚かれます。その反響がありがたくて一層歩こうと思い、2週前から日帰り3暇あるくことにしました。そうして周りの人に「今は日帰り3暇歩いている」って、ちょっとナルシシズムげに言っていました。

それから「酷いねー」とか「スタミナがあるねー」といった感動されると思いきや、「大して困難しないほうがいいんじゃない」とか「走り抜けすぎるといった人体ぶち壊すよ」といった問責的反響だったのでわずかほかでした。けれどもあるくのが好きな自身は日々3暇歩き続けました。

たまには足がつらいということもありましたが、頑固な自身は一旦決めたら避けたくなく走り回り続けました。そうやって一週過ぎたところ、思わず足の疼痛が増してきたような思いがしました。それでもあるくのには困難なかったので気にせず駆け回りました。

家庭からは「あるく暇が長すぎるんじゃない?」などと危惧されながら歩き回り続けて2週、足の疼痛が増してきて何とかクリニックで診てもらいました。そうしてレントゲンを撮ってもらったら、「右側の股関節の軟骨が減ってきて炎症を起こしている」と言われました。

そうして「これ以上凄くなったら手術しなくてはなりません」と言われました。最も日帰り3時間も歩いたことが原因のようです。そのとき周囲から言われたように、歩き回りすぎたのだと思いました。マクサルト
健康のためにあるくのは良しことですが、私のように歩きすぎるのはよくないようです。

今では反省して、足の疼痛が収まったら余裕状況に歩こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です